10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
12/24 Peace Maker
久々にぐっすり寝れましたっと。
最近は臨公三昧、今までとは違った観点で楽しんでます。

起きて早々臨公広場に赴いたところ、アビスレイクへ行かないかとのお誘いがwisできまして…。
これといった装備が無いものの、それでもかまわないとのことで同行することに。
ですが、結構な時間メンバーを募るのに四苦八苦したのですが、結局時間帯が悪かったのか集まらず、その回はお流れに。

ちょうどこの時買い物を頼まれたので、弟のバイトしている店へと向かいまして、頑張ってる少年とその友人に昼食のプレゼント。
フラフラと街中を転がし、帰ってきたのが14時頃。

再び臨公広場へ。
今度は落としたまま放置し、X360の新作『Need For Speed Carbon』をプレイ。
しばらくすると、アサシンが前衛を勤めるので、プリを追加して何処か行かないかとお誘いがきました。
そうしましょうそうしましょうと賛同し、プリを求めるもまた来ない…。
困ったなぁと思っていたところに、初めての臨公で仲良くなった方がログイン。
ギルド・同盟関係者以外では久々の友達登録の方ですが、誘ってみようかなと思っていたら、アサシンの方が知り合い呼べたから締めましょうともちかけてきました。
まぁ今回は仕方ないかなと思い諦めていたら、呼び出した相手が私の友達だったとか。
意外と世界は狭いのかもしれません。
(アビスレイクの時も名乗りはしませんでしたが、教授の方は私の友達だったようです)

まぁ妥当なところで監獄ですかね、ということで監獄へ。
狩り中に、まだコンテが転生する前監獄で狩っていた頃の知り合いがいたので、軽く挨拶だけしておきました。
臨公中ですし、仕事はおろそかに出来ませんからね…。
知り合った当時は、まったり派だから転生は遠いかなと話していましたが、久々に会ったら立派な廃WIZになってました。
思えばコンテが転生したのも半年前のことなんですよね…。
早いもんです。

臨公を終え、溜まり場へリターン。
すると現れたのは、個人的にアイドル視しているアリア嬢。
一挙手一挙動全てが愛くるしいんです。
(前回のお話はこちら)
今回のお話は、『狩場の相談』『アルケミストについて』『ボスの狩り方』『血塗られた古木の枝』『ペ・ヨンジュンのその後』『詠唱反応に対する縦置きFWのコツ』となっております。

01.狩場の相談
現在、アルギオペと緑ゴキが混在するMAPで狩っているようで、緑ゴキにやられてしまうこともしばしばだとか…。
ここで死ななくなったら、もっといい場所を教えてあげるねと軽くお話。

02.アルケミストについて
私は溜まり場でぼーっとする時は、ホム飼育も兼ねてケミでのんびりしているのですが、製造(製薬)特化の話を、後から来たolha嬢と話していました。
ステータスの特化についても聞いたことが無いアリア嬢は、何のことだかわからなそうに眺めていたので、実際その場でファーマシーのデモンストレーションをすることに。
ついでにその場で作り上げたバイオプラントで、プラントを召還してこれも説明。
さらにホムはペットだと思っていたようなので、ケミだけが連れられる戦うペットと説明しておきました。
突然現れたプラントに過剰反応し、思わず攻撃をしてしまう姿はなんとも萌え微笑ましかったです。

03.ボスの狩り方・血塗られた古木の枝
話しているとポリンボックスから出てしまったのか、ゴーストリングが溜まり場前を通過。
あの敵はまだ弱いからいいけど、強いの出たら危ないから、古木の枝とか安易に使っちゃダメだよと話していました。
中にはボスが出る物もあるからね、と語ってはみたものの、実装されてるのかとolha嬢が突っ込みを入れてきました。
私も詳しくは知らなかったのですが、タナトス最上階で手に入るようですね…。
その場で3人同時に、「一生拝むことは無さそうだね」なんて談笑。
転生持ちでも、タナトスでは役に立たない人間ですから…。

04.ペ・ヨンジュンのその後
アリア嬢はペ・ヨンジュンを知らないような感じだったので、あの手この手を使って説明しておきました。
『ヨン様って呼ばれてる、日本で言うキムタクみたいな人』と言ったら理解してもらえました。
というか、ヨン様という名前だったら知っていたようで…。
ニックネームの方が有名って、あの人も随分過去の人になったもんですね…。
…なんでこんな話題になったかは割愛。

05.詠唱反応に対する縦置きFWのコツ
ゆくゆくはクロック狩りにステップアップしないとねということで、時計塔へ護衛を兼ねて冒険。
なかなか要領がつかめないようなので、もっと落ち着いて練習できるところで試してみようと思い、カタツムリを相手に練習。
しばらく練習に明け暮れてみたところ、しっかりマスター出来たようです。
帰り際、拾い集めたカタシムリの皮を進呈。
これは作成アイテムの材料だから、買い取ってくれる人がいるかもよと話していると、偶然通りかかったモンクが知り合い(もやはリア友レベル)の別キャラだったので、買取のお手本ってことで無理にお願いして取引の流れを体験させてもらいました。
その節はお世話になりました、セフィさん。

気付けば20時、もうすっかり日も暮れて夕飯時でした。
普段なかなかこういったことをする機会も無いので、付き合っていた私自身も楽しんでいたり。
初心を思い出すというか、教えることで教えられるといった感じでしょうか…。

夕食後、再びログイン。
すると今度は羽の人と君主から「アビスレイク来なさい」との徴兵命令が。
場所も知らないまま向かい、ミギーのような得体の知れない敵に追い掛け回され、命からがら逃げた先にミュータントドラゴン。

d06122301.jpg

仲間ともはぐれ、見事遭難。
その後、救援部隊に助けられ、何とか入口へ到達するも…。

d06122302.jpg

移動先で張り付かれ孤立、また遭難。
マーター並に早いASPDとか、WIZにとっては反則以外の何物でもありません。

d06122303.jpg

なんとか辿り着き、唯一無二の後衛として頑張ってきました。

というわけで、やたら人との交流の多い1日でしたとさ。
スポンサーサイト
/ 2006/12/24(Sun)11:22 /
/ Ragnarok Online / trackback:0 / comment:0 /
01/01 (Day) C71 / らぐれこおんらいん。 / 12/19 ねた。










Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

/ らぐれこおんらいん。 /

PROFILE

Conte'

  • Author Name
    Conte'
  • Profile
    自称
    『円卓の鬼神』
    『ペンタブの絵師』
    実際は負け戦ばっか。
    ゴミ絵も量産します。





SEARCH



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。