FC2ブログ

10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
08/16(08/15) 合言葉はテラマッチョ
■08/14
コミケの翌日、今度はHealing Heart Off-Line Party -2nd-だったり。
まともに寝れませんとも。
それでもやりますとも。

その前にまず、コミケ終了後の帰り道の出来事を。

私だけが道を知っているということで、頼りない軽自動車で4WDの車とマニュアルの軽自動車を引っ張ることになったのですが…。

ダメダメでした。

道は熟知しているので縦横無尽に駆け回る自信もあるのですが、後ろの車を引っ張りながらとなると話は違ってくるものです。

車線変更ヒトツにしても、後続車が余裕を持って入れるように配慮しなくてはならないですが、普段気にしないことなのでかなり迷惑をかけてしまいまして。

次があったら、もうちょっと精進したいなぁ…。

と思っていた矢先、まさか翌日にまた先導役をやることになるとは。
そう、後続車を運転するは、地元でも迷うマース=ヒューズ氏。

まずは1駅隣の駅でマイケルを回収することに。
道中豪雨で大変でしたが、駅につく頃には晴れ間も見えてきていました。
駅前ロータリーで何処にいるかなと探すこともなく、彼はすぐ駆けつけてきました。

なんでわかったのかと聞くと。

「助手席でタバコ吸ってるヤツが乗ってる、赤いエンブレムの軽自動車が来たからな」

とのこと。
その次の発言が「乗換えで切符飲まれるとか、マジ死ねばいいのに」と、そのままのキャラだったということが判明。
面白い人です。

食事後、羽の人・カリン様を回収。
次なる目的地は、君主が待つ岩槻にある例のゲーセン。
あの人は何をしながら待ってるかなという話題になったのですが、彼のイメージから挙げられたのがこちら。

01.入口で槍を振り回している。
02.三国志大戦でカードを大量に使い(本来は数枚)「全軍突撃せよ」の神発言。
03.駐車場でぶーん。

さて、どれでしょう。
結果は後ほど。

目的のゲーセンにつくと、ショコラとヤネが珍しく空席だった『機動戦士ガンダムSeed Destiny 連邦 vs ZAFT II』に飛びつき、すでにプレイしていた人に対戦を挑みました。

そしてブリーフィング画面で気付く。

対戦者:ソンケン

A.家庭用で練習、ゲーセンで実戦トライ。

最終的には、ショコラ・ヤネ連合軍 vs ヒューズ・ソンケン連合軍という対戦カードになってましたが。

その後はマイケルに湾岸とBG4で対戦を挑まれ、ぶつけ合いのグダグダなバトルを繰り広げ、全員落ち着いたところで卓球タイム。

カリン様は卓球が強いと聞いていたので、まずはショコラが挑戦。
ラケットのハンデがあったとはいえ、僅差の勝負でした。
そこで今度は羽の人と私を追加、ダブルスとなりました。

ショコラ・コンテ連合軍 vs カリンツ・朔羽連合軍

結果、ギリギリで我が軍の勝利。
相手の点数の8割は、私がミスったことによる得点でした。
ダブルスというのは打ったら相棒とポジションを交代し、交互に打ち合うのがルールなのですが、ダブルス初体験の私はショコラとぶつかり吹っ飛ばされること数回。
何度もショコラ様に土下座しましたとも。
まぁサーブのときに『オーストラリアンフォーメーション』やったりして遊んでたのも原因かもしれませんが。

夕食会の前に、沖縄より参戦のJunk氏を回収。
お好み焼き屋へ移動し、全員で乾杯。
流れの人が油と間違えて鉄板に醤油をぶちまけたりしましたが、宴会としてはなかなかいい場所だったと思いました。
絶えず笑っていた記憶しかありません。

締めくくりにカラオケ大会の会場へ。
(疲れていたショコラとJunkはここで離脱)
マイケルがVIP STARを披露すると張り切っていたので楽しみにしていたのですが、食事会の最中にリルが先生を緊急招集。
栃木から埼玉、隣の県とはいえ結構な距離だったので、合流は日付が変わってからかなと思っていたのですが、歌い始めた途端もうすぐ岩槻との電話。
160km/hで駆けつけたそうです、怖くないんでしょうか。

道を知らないのはヒューズと同じなので、久喜インターから岩槻インターの間で回収する手はずになっていまして、唯一実行できそうなのが私ということで、またもや先導することに。

ここで暴露しておきます。
私も久喜インターが何処にあるか知りません。

まぁ正確には、確かここに右折すれば久喜インターという標識があったという、大雑把にもほどがある情報で回収に向かったのですが、迷うことなく久喜インターへ。
高速道路を走りながら先生と合流、そのまま再びカラオケ会場へ。
帰ってきた頃には、飲み放題の時間制限終了間際とかいう罠。
ガッポリ飲んで、しっかり歌っておきましたが。
君主のココロオドルはバッチリでしたし、マイケルのVIP STARも拍手ものでした。
ただ、夏はマシンガンが入ってなかったのだけが残念でした
あと先生は、聖少女領域を入れるだけ入れてバックコーラスしか歌わないという、新手の選曲をしてくれました。

帰宅後、ショコラは諸事情により起きていたのですが、何故かいつの間にかいる先生に驚いていました。

■08/15
翌朝、マイケルは練習試合に行かなくてはならないので、みんなより早起きして車で送迎。
昨晩あれだけお酒を飲んで歌いまくったというのに、翌朝平然と試合に行くとか、体力有り余ってるなぁとの印象。
送迎後、今度はほかのメンバーを叩き起こし、ヒューズお勧めの近所の飲食店へ。
流れの人がセットメニューについて詳しく説明を求めてるあたり、ここだけは大坂人っぽいなと感じたのは、私だけではないはずだ。
店の人もいい人ばかりで、また来ますと約束した参加者まで。
まさに隠れた名店ってやつですね。

ここでナビのある頼れる君主が、先生を岩槻インターまで先導。
私たちは秋葉原参加者を募り、2台編成で秋葉原へ。
ヒューズは予定していなかったイベントだったのですが、車が不足しているということで、わざわざ車を出してくれました。
首都高恐怖症のヒューズをまたも先導することになりましたが、さすがに私も勝手がわかってきましたし、何よりヒューズも私の考えを理解してくれている動きをしてくれたので、だいぶ慣れてきました。
さすがに付き合い長いだけあります、阿吽の呼吸ってやつです。

暇だからとついてきた弟も、先日の買い逃したお目当てのものを無事補完。
あと5本で売り切れというギリギリチョップでしたが、飛びついたその商品が限定版だったということで、私もその嬉しさを分かち合おうと店内で一発芸。

「七夜プロデューサ(弟のプロデューサ名)!」
「ん?」
「ハイターッチ!」
「ハイターッチ!」

両手をパンっと叩き合わせて、これは決まったと思ったのですが。
(元ネタはアイマスのキャラ)

「本当は片手なんだがな」

と、弟から駄目出しが。
よくわからないネタはやるもんじゃありませんね、うっうー。

ヒューズも面白そうなゲームを数本購入し、私に借金するまで使い込んでしまったご様子。
私も私で、1万円近く使ってしまいましたが…。

東京駅へ流れの人を送迎、地元に帰ってからラーメンを食し、そこで解散となり終了。

さすがにコミケ・オフ会関連で700km走破したので、帰宅後はぐったりしてましたとさ。

お疲れ様っしたー。
スポンサーサイト
/ 2006/08/16(Wed)10:23 /
/ Daily Life / trackback:0 / comment:0 /
08/27 追いつけ追い越せ引っこ抜け / らぐれこおんらいん。 / 08/16(08/13) C70










Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

/ らぐれこおんらいん。 /

PROFILE

Conte'

  • Author Name
    Conte'
  • Profile
    自称
    『円卓の鬼神』
    『ペンタブの絵師』
    実際は負け戦ばっか。
    ゴミ絵も量産します。





SEARCH



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。